忍者ブログ

般若心経の空とはなにか

ブログ

(55)唯識、唯識仏教の限界、その③ 一乗仏と三乗仏

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

(55)唯識、唯識仏教の限界、その③ 一乗仏と三乗仏

このブログを始める動機を(2)回、(4)回に述べたようにNHKテレビテキ
スト「100分de名著」般若心経に大きな疑問をもったからです。著者が京都大
学の文学部哲学科で仏教学を学び、花園大学教授をしている佐々木閑氏です。

 「大乗仏教は釈迦の仏教より上だ」などと、お釈迦を否定し、大乗仏教とお釈
迦さまの悟り、お教えとは別のものとの論述にびっくりしたし、この番組を企
画するNHKのディレクターの意図はどこにあるのだろうかとも思いました。

  このブログはそうした佐々木閑氏に十分、反論出来たと思っていたら、最近、
書店で島田裕巳氏による「ブッタは実在しない」(角川新書)、帯に「ブッタは
創作された一つの観念である!」を発見して、これにもビックリでした。

 しかし、お釈迦さまが成し遂げたあまりに偉大な業績と、それを引き継ぐ多
くの修行者と研究者、それを記録した幾多の書籍、無数の信者、長い歴史を考
えると、こうした論述は一滴の露ほどの影響をもたらすことはないでしょう。

 前おきが長くなりましたが、もう(55)回目になってしまったブログの目的
は、お釈迦さまの悟りと教えが龍樹によって空の論理としてまとめられ、それ
を元に菩薩思想と結合されて大乗仏教として発展、拡散しているさなかお釈迦
さまの理法の真髄である「空」を主題とした般若心経がなぜ、お釈迦さまが入
滅されて700年後に誕生したのか、ということです。

 なお般若心経が誕生したのはお釈迦さま入滅されてから700年~900年後の
こととされます。

 私のホームページ「般若心経の空とはなにか」の冒頭に「般若心経誕生まで
の仏教史の流れ」として、このホームページ(冊子)の内容を一覧表としてま
とめた表が掲載してあります。この表の最下段に「論点」があります。

 「論点」はお釈迦さまの「実在の否定」が「実在の肯定」、「実在の否定」「実
在の肯定」と二転、三転するさまを単的に表現したものです。お釈迦さまが入
滅されて700年後(AD4)の中期大乗、表の阿頼那識経典の下に「唯識説」が
あり「実在の肯定」とあります。

 唯識仏教はお釈迦さまの理法を全面的に受け入れた上で、それまで誰れも説
くことのなかった深層の心、阿頼那識の存在をつきとめて、輪廻転生する魂、
心の成り立ちとはたらきを解明しました。これは仏教史上の大きな功績でした。
しかしその論理から従前の大乗仏教とは異なった教理を打ち立てて、結局、以
前紹介した「説一切有部」の実在説に立ち戻ってしまうのです。

 その教理の出発点が「一乗仏」説と対立する「三乗仏」説です。この三乗仏
の教義から「五姓各別」の論理を打ち立てて、それまでの大乗仏教の根本教理
である「空の論理」と異なる道をたどることになるのです。

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
武田紀久雄
性別:
男性

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

ブックマーク

個人的ブックマーク
中村醸造元

最新CM

最新TB

バーコード

ブログ内検索

P R